NKメディコ株式会社

ホルモン年齢ドック

加齢に伴い変化するホルモンバランスをチェック​

ホルモンバランスからカラダの弱点を判定

体のホルモンバランスについて

一般的に、ホルモンは「免疫」、「代謝」、「体の調節」のために必要不可欠な物質と言われています。 私たちのカラダの中では日々さまざまな変化が起こっており、加齢などに伴い、バランスが崩れたり、その量も減少していく傾向にあります。ホルモンバランスの崩れや減少は、「血糖値異常」、「血圧異常」のような症状を引き起こします。 よって、私たちは健康を維持するため、なるべくホルモン状態を若く保つことが重要です。

年齢とホルモン量の関係

体内では50種類以上のホルモンが、うまく働き、生命を維持しています。その中で特にIGF-ⅠとDHEA-sなどの成長ホルモンは、加齢による減少が著しい事が知られています。

ホルモン年齢ドックとは?

ホルモン年齢ドックとは、年齢との比較で必要なホルモンバランスを測定するサービスです。ホルモンバランスの乱れを知り、改善することで体調不良や老化などの予防にお役立て頂けます。測定するホルモンは、加齢により減少することが知られる項目を中心に、4つの指標を測定しております。

IGF-I

人体にとって重要なホルモンの1つで、新陳代謝を司る成長ホルモン。老化を防止し、若さを保つために重要な働きを持つ。

DHEA-s

免疫力を高め、ストレスホルモンに対抗し細胞を守る作用があるホルモン。副腎で作られる全てのホルモンの源と言われており、加齢と共に減少します。

コルチゾール

別名ストレスホルモン。ストレス時に分泌されストレスと対抗する力の源になります。その他、抗炎症作用などからだにとって大切な働きをしています。

DHEA-s/コルチゾール比

ストレスの指標として注目されており、うつ病の患者では
コルチゾールが高く、DHEA-sが低い傾向があるためその比率が重要なのではないかと考えられています。

ホルモン年齢ドックの報告書について

血液中のホルモン成分量から推定される、ホルモン年齢と現在のストレスの状態を報告致します。ホルモンについての解説とホルモンバランスを改善するためのヒントやアドバイスを記載しております。


受診可能施設一覧